サンタクロース村<サンタクロースからの手紙>

サンタクロース村通信

文化祭気分でヘルシンキのデザインの祭典をはしご歩き



靴家さちこ

サンタクロース村メルマガ読者の皆様、Moi!フィンランド在住ライターの靴家さちこです。雨が多くて「今年の夏は最悪だった」という声が方々から聞こえるフィンランドですが、朝夕は12度前後と涼しく、日中には20度近くまで気温が上がり、長袖を羽織るすがすがしい初秋の気候となりました。そんなフィンランドでは、9月初旬に「ヘルシンキ・デザインウィーク」と「ハビターレ」という2大デザインイベントが開催されます。

ヘルシンキの街をデザインで埋め尽くす「ヘルシンキ・デザインウィーク」(@Aino Huovio HDW)

ヘルシンキの街をデザインで埋め尽くす「ヘルシンキ・デザインウィーク」(@Aino Huovio HDW)

芸術の秋、文化の秋を盛り上げる、両イベントをご紹介いたしましょう。

続きをよむ

「旅のQ&A」トラムを乗りこなそう!    


 靴家さちこ

ヘルシンキ市民の足、トラム。フィンランドに来たら是非これを乗りこなしてみたい。

ヘルシンキ市民の足、トラム。フィンランドに来たら是非これを乗りこなしてみたい。

サンタクロース村メルマガ読者の皆様、Moi!フィンランド在住ライターの靴家さちこです。フィンランド語では「草の月」と呼ばれる7月でも、フィンランドでは降ったりやんだりの雨と肌寒い日が続きました。一年の中で最高の季節の夏に太陽がみえないというのは、フィンランド人にとって精神的に厳しいものがありますが、ベリーやきのこは大豊作。こうなるともう、「食べてしまえ!」と開き直るのが正解です。そんなフィンランドに、間もなくお盆休みを利用して旅する読者の皆様もいらっしゃるかと拝察しますので、今回は「旅のQ&A」、ヘルシンキ市内の主要な交通手段であるトラムのご案内をします。

続きをよむ

フィンランドの「ネウボラ」ってどんなところ?

靴家さちこ

サンタクロース村メルマガ読者の皆様、Moi!フィンランド在住ライターの靴家さちこです。フィンランド語では「夏の月」と呼ばれる6月ですが、5月に夏のようなお天気を先取りしてしまったせいか、日本の梅雨と台風を足して2で割って冷したような天気が続きました。もうすぐ迎える白夜を祝う夏至祭については、天気予報では「大雨か猛暑」と予報されています。なんだかとても大雑把な予想です!というわけで今回は、お天気とは何も関係もない、フィンランドの「ネウボラ」をご紹介します。 続きをよむ

都会の静寂と安らぎを追い求めて


-ヘルシンキのお勧め4大教会巡りの旅-

靴家さちこ

祝日やイベントがある日には、市民が集い埋め尽くされる階段。観光客もアイスクリームを食べながら日向ぼっこすれば、住んでいる気分が味わえる(画像提供:ヘルシンキ市)

祝日やイベントがある日には、市民が集い埋め尽くされる階段。観光客もアイスクリームを食べながら日向ぼっこすれば、住んでいる気分が味わえる <ヘルシンキ大聖堂>(画像提供:ヘルシンキ市)

サンタクロース村メルマガ読者の皆様、Moi!フィンランド在住ライターの靴家さちこです。5月に入って急に夏のような天気になりました。気温は20℃前後と朝夕は涼しく、空気も澄んでいます。鳥のさえずりもより一層にぎやかで、色とりどりの花が開いては実を結び、まるでこの世の楽園です。子ども達も学期末で浮かれており、大人達もちょっと早めに仕事を切り上げて帰途につく人が増えました。というわけで今回は、こんな抜群なお天気の日に、是非巡礼してみたい、ヘルシンキの美しい教会の数々を紹介します。

続きをよむ

ヘルシンキで気軽に拝める 貴重なムーミンアートの名作

                 靴家さちこ

カンピ(Kamppi)ショッピングセンターのすぐ隣にある街の美術館HAM © HAM / Maija Toivanen

カンピ(Kamppi)ショッピングセンターのすぐ隣にある街の美術館HAM © HAM / Maija Toivanen

 

サンタクロース村メルマガ読者の皆様、Moi!フィンランド在住フリーライターの靴家さちこです。残雪もほとんど消え、18時を過ぎても「もう寝ようなんて甘い!」と言わんばかりの陽光が差し込んで来る4月末になりました。が、一部の地方では、地面が真っ白になるまで雪が降りました。幸い私が住むトゥースラではみぞれで済みましたが、この時期スノータイヤの装着は禁止されているので、危うく外出の予定をキャンセルするところでした。本当に油断は禁物です!!というわけで今回は、気を取り直してヘルシンキ発のムーミンの話題をお届けします。 続きをよむ