サンタクロース村<サンタクロースからの手紙>

子ども

中学校から始まる職業体験 その名も「TET (テットゥ)」!

1※① スーパーマーケットでTETする9年生の様子を伝える学校のブログ記事

靴家さちこ

サンタクロース村メルマガ読者の皆様、Moi!フィンランド在住ライターの靴家さちこです。6月です!夏休みが始まりました!私も学生なので子ども達と8月初旬まで夏休み。気になるお天気ですが、なんと5月の中旬から20℃超えが始まり、例年より一足先に夏みたいな気候になりました。「これは何の予兆?」「いいお天気先取りして6月がこのままで済むはずがない」などいろいろなフィンランド人の声が聞こえる中、今回は、今年中学2年生(こちらでは8年生)だった長男の学校生活をふり返って、春に経験した職業体験期間、その名もTET(テットゥ)について書いてみたいと思います。

続きをよむ

今注目のフィンランドの福祉の共通基礎資格   “ラヒホイタヤ”研修記

180411-0001靴家さちこ

サンタクロース村メルマガ読者の皆様、Moi!フィンランド在住ライターの靴家さちこです。4月に入って春めいてきたので、そろそろ車のタイヤ交換をしようと思っていたら、10~20㎝の積雪。危ないところでした。日本の桜は裏切ることなくちゃんと咲いたようですね。今年もその美しい姿をネット越しに眺めていた私も、ふと気が付けば「ラヒホイタヤ(lähihoitaja=保育や介護など福祉の共通基礎資格保持者)」養成コースの2年生。2年目の今年はいよいよ専攻課程です。少し迷ったのですが、以前から目指していた「保育」の道を選びました。今回は今年初めての保育園での研修レポートをお伝えします。

<①牛乳パックに色紙と水を入れて凍らせただけの、雪国のアート。美しいのですが、頭に落ちると危ないので、ジャンプして触ろうとする子ども達は止めなければなりません>

続きをよむ